車買取専門店と中古車販売店の違いと査定額

車買取専門店と中古車販売店の違いと査定額

車の売却先としては、車買取専門店や中古車販売店などがあります。
ここでは、買取専門店に売却する場合と中古車販売店に売却する場合の違いや、メリット・デメリットについてご説明します。

車買取専門店と中古車販売店の違い

近年、車買取専門店でも中古車を店頭販売するケースが増えてきました。店頭販売をしていない買取専門店でも、中古車購入の相談をすれば大半の業者では対応してくれます。

0-65

同様に中古車販売を専門にしているお店でも、買取のみの相談をすれば対応してくれます。そうなると、「この2つの業者の違い分からない」という人も多いのではないでしょうか?

買取専門店は幅広い車種で強い

買取だけを中心に行っている専門店は、「もしかしたら自社で車を買う顧客になるかもしれない」という概念に縛られないため、ターゲットとなる顧客が幅広いという特徴があります。

自社で車を販売せずに買取だけで仕事を取るには、当然良い条件を提示する必要があり、価格競争にも積極的に参加してきます。それによって、1台ごとの利益を少なくした薄利多売の運営を行っていることも多いです。

買取した車を業者用オークションや系列の販売チャンネルで店頭販売するノウハウを持っているので、幅広いメーカーや車種に対して高価買取する事が可能となります。

中古車販売店は下取り車に強い

中古車販売店では、当然買取ではなく販売がメインになります。
車を査定する際に適正な市場価格を見極める能力は買取専門店に劣っていますが、自社で中古車を購入してくれる客に対しては販売による利益がありますので、多少無茶をしても下取り価格を高くしてくれるケースもあります

中にはバックオーダー(顧客からこの車種の中古車を探して欲しいと言われている)を多数抱えている販売店もあり、条件に当てはまれば破格の条件が出る事もあります。

下取りではなく、買取だけを依頼する場合は相談には乗ってくれますが、買取専門店との価格競争には参加してきません。しっかりした利益が出る見込みの金額でなければ、無理して仕事を取ろうとしない傾向が強いです。

販売と買取の違いは赤字のボーダーラインが見えない所

販売の場合は在庫車両の仕入れ価格や経費などが明確になっていて、いくら以上で販売すれば黒字になるというボーダーラインが明確です。それに対して買取は、査定時では実際にその車が市場でいくらで取引できるか分からないのが現状です。

買取専門店の場合は買取台数の数をこなす事で、赤字になる買取車種が出てきてもカバーできますが、数をこなさない中古車販売店では買取した車が利益が出なかったり、赤字になる事を強く嫌がります。

買取した車は想定以上に儲かる車がある

業者が車の査定をする場合には、業者用オークションの想定取引価格を算出して査定額を決めます。実際にオークションに出品した車両はタイミングよく購入希望者が複数いれば、想定価格以上の値が付く事もしばしばあります。中には数十万という単位で過去のデータを上回る値段が付く事もあるのです。

また、店頭販売で買い手が付けば当然業者用オークションの相場よりも高い値段で売る事ができ、各種手数料収入も入ってきます。
このように買取された中古車は1台1台で確実に利益を出すのではなく、数をこなして、1台でおおきな利益が出る当たりの車をひく確率を増やしているのです。

まとめ

買取専門業者と中古車販売店の査定額の違いをまとめると、全体的には買取台数の数をこなしている買取専門店の方が査定額は高めの傾向があります

ただし、中古車販売店も下取りという形を取れば、融通をきかせて高値の下取り査定を付けてくれるケースもあります。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ