ホンダ S660の情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

ホンダ S660の情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

S660-01

ホンダ S660の情報まとめ

車種名 S660
排気量 658cc
グレード/新車価格 α 7速CVT   2,180.000円〜
α 6速MT    2,180,000円〜
β 7速CVT     1,980,000円〜
β 6速MT    1,980,000円〜
駆動方式 FF
燃費 JCO8モード21.2km〜24.2km
乗車定員 2名
最高出力 47kW(64PS)
最大トルク 104Nm(10.6kgm)
値引き額 3万円〜6万円
中古車購入相場 狙い目年式 平成27年式 220万円〜270万円
中古車査定(買取)相場

ホンダ S660の特徴

ホンダ S660は、ビート以来19年ぶりに復活したホンダの軽のスポーツオープンカー。軽として楽しく走れる為の性能を極限まで引き出した1台です。エンジンはNシリーズと共通の660cc直3のターボ付きです。ターボの設定変更でより高いレスポンスをを実現しています。軽初の6MTモデルを選べば、よりエンジンの性能をダイレクトに感じながらドライブする事ができます。

現行モデルで比較すればライバルはダイハツのコペンのみですが、S660はミッドシップにソフトトップで徹底した軽量化。トランクスペースを犠牲にした剛性の高いフレームなど走行性能ではライバルを圧倒しています。

手軽に楽しく走れる車としては、乗用車も含めて最強の1台だと評価できます。2015年3月の発売後予約が殺到し、既に年内納車分は完売。価格は相応に良い値段をしますが、走行性能や走る楽しさは軽の常識を覆すスーパーカーです。

ホンダ S660のオススメポイント

楽しく走れる軽を求めるのであれば、これ以上の車は他にありません。ライバルのコペンはオープンにして優雅に走る要素が強いですが、S660は利便性や屋根を開く手間を犠牲にしてまで走りにこだわった本気の1台です。

セカンドカーとして乗る人や、1人か2人でしか車を乗る機会がなく、荷物も最低限積めれば充分という人にオススメです。納期が半年以上かかるので、それだけの時間を待てる事や、軽ながら200万円を楽に超える予算を苦にしない人の為の遊び車です。

こんな人にはオススメできない苦手なポイント

オープンにするには、手作業で巻き取り式の幌を採用しているので手間がかかります。コペンやマツダのロードスターのような、ボタン一つで自動開閉するハードトップや、運転席からワンタッチで屋根を開けられる手軽さはありません。普通のオープンカーを想像している人には、オススメできません。

S660はオープンにするのはオマケで、走りを最優先した車。走りに対して強いこだわりがなければS660を選ぶメリットはありません。トランクスペースはほとんどなく、ボンネットに24Lのユーティリティーボックスがある程度。実用性を兼ねた車ではなく、車1台しか持たない人は実用性がないのでオススメできません。

ホンダ S660の購入価格・値引きに関して

購入価格は諸費用と付属品を入れて250万円前後。値引きはほとんどなく販売店の言い値で買うしかありません。新発売直後という事もありますが、大量生産をしている訳ではなく予約も殺到しているので、時間が経過しても値引き枠が広がる見込みはありません。S660が欲しいなら値引きは諦めて早めに注文を入れるようにしましょう。

ホンダ S660の中古車価格や査定額

現在新車は年内納車分が完売している事もあり、中古車は新車以上のプレミアム価格で取引されている事もあります。中古車価格や査定額は長い目で見ても高値を維持する事が予想されています。

軽のオープンカーは中古車市場でも不動の人気があり、20年以上前のビートや、ライバル車のコペンも未だに古い型でも値段がしっかり付いています。新車価格は高いですが、事故さえしなければいつでも高く売れるというのも、このカテゴリーにメリットです。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ