輸入中古車専門店などの買取価格や特徴。

輸入中古車専門店などの買取価格や特徴。

輸入中古車を専門としている中古車販売店の買取額の特徴についてご説明いたします。

輸入中古車専門店の買取の特徴

輸入中古車を専門としている場合は、買取した車は店頭販売せずに業者用オークションに出品するか、業販販売で提携店へ卸売します。

0-34

輸入車を専門とするお店の場合は多くが仕入れを業者用オークションで行っていて、仕入れをするノウハウは豊富でも、出品するノウハウや市場価格の分析力が少ない事が多く、買取専門店などの査定額に比べて安い事が多いです

人気車種や程度の良い中古車には強いケースも

輸入中古車専門店の場合、国産車の店頭販売を行わないかわりに、国産車を中心とした通常の中古車販売店と強い繋がりを持っている事も多いです。

人気車種や程度の良い中古車であれば、査定時に繋がりのある他の販売店に電話をして、業販での卸売ができないか問い合わせをして査定する場合もあります。

この場合は、地域の提携店との連携により陸送費用やオークション手数料などのコストを削減できるので、高値買取してくれるケースもあります。

家の近くに輸入車専門店があるのであれば、ダメ元で相談してみる価値はあります。

輸入車に強いとは限らない

輸入中古車専門店であれば、全ての輸入車で高価買取を期待できると思っている人も多いですが、輸入車は種類や系統も多く店頭販売している中古車には特定の基準を設けていることも多いです。

その結果買取した全ての車を店頭販売で並べる訳ではなく、業者用オークションに出品することも多いです。

店頭販売できると判断された中古車については、高価買取をしてもらえる可能性が高いですが、全ての輸入車の買取に強い訳ではない事を認識しておきましょう。

下取りに強い

輸入中古車は、国産の中古車よりも1台あたりの販売利益が大きいです。これにより下取りの場合は相談できる幅が広がります。
査定額次第で成約に結びつく可能性が高まると判断された場合は、車種を問わず高額査定を期待する事もできます。
0-93

保証と自社整備工場に注目

輸入中古車は1台あたりの販売利益が高くても、保証期間内に不具合が発生した時は修理代金が高く付き、しっかり整備された中古車であっても国産車に比べて故障リスクが高いです。このリスクを緩和する為にも輸入中古車は1台あたりの利益を高めに設定している事が多いです。

自社で外車に特化した整備工場を持っていれば、販売した中古車に不具合が出た場合は柔軟に対応できますが、保証修理も外注中心で行っている場合は、利益を削るリスクを侵してまで下取り査定を勉強してくれない可能性が出てきます。

輸入中古車を購入するときは保証内容とクレーム対応時に自社工場を持っている販売店ですと、下取りを含めた融通がききやすくなる傾向があります。

まとめ

輸入中古車専門店では全体的に買取には弱い傾向があります。

しかし、業者によっては地域に強いネットワークなどを活かして、国産車など全て車種で高き査定提示をできる力を持っている業者もありますので、あまり期待はせずに相談だけはしてみる価値があります。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ