輸入車を高く買取りしてくれる店の特徴。

輸入車を高く買取りしてくれる店の特徴。

中古車の中でも外国メーカーの輸入車は買取が得意な業者と苦手な業者が出てきます。

多くの中古車を扱う業者は、少なくても1回や2回は輸入車を買取した事で失敗をした経験を持っているものです。こうした失敗を活かしてノウハウを身につけているケースと、輸入車を敬遠しているケースがあります。

こうした要因から輸入車に査定は強い・弱いが明確になってくるのです。

輸入車を査定する難しさ

国産車を中心に買取している業者であれば、ベテランスタッフでも輸入車の適正価格を査定するだけの充分な知識は持っていません。

輸入車は車種ごとにイヤーモデルで細かく区分わけをされていて、車後方に付いているエンブレムだけでは正しいグレードを判別するのも難しいのが現状です。

0-33

輸入車は故障が多いのも特徴で、メーカーや車種ごとで壊れやすいパーツは異なります。また、ひとつひとつの部品も高価なケースが多いです。

国産車であれば、車の状態は「エンジンをかけた時の異音や振動」「修復歴のチェック」「整備手帳のチェック」「タイヤの残り溝」くらいの確認で対応できますが、輸入車の場合は、車種に応じて「ブレーキパットの残り溝」や「ギア変速ショックの状態」「本来付いているべきの純正部品に欠品がないか?」など幅広い項目のチェックが必要です。

国産車では見落としがあっても大きな影響がない事でも、輸入車であれば市場価格に数万円~数十万円という大きな影響を与える事があります。

輸入車を得意としている業者は買取も強い

輸入車を苦手としている業者であれば、多少のトラブルや想定外の事にも対応できるようにゆとりを持った査定を行います。

輸入車について、しっかりとした知識を持っている業者であれば、想定外の事に備える保険というべき査定額のゆとり幅を縮小した適正な査定を行う事が可能となります。

外車に強い販売ルート

買取した車を店頭販売しない場合は多くのケースが業者用オークションに出品されます。全国各地にさまざまな運営母体を持つオークション会場ではそれぞれに特徴があり、買い手として集まる業者もオークション会場ごとに傾向が違ってきます。
0-79
輸入車に強いオークション会場では、それ目当てのバイヤーが集まり落札価格の競り上がりや適正価格までの上昇が期待できますが、輸入車コーナーを設けていないような国産車中心のオークション会場では、落札価格におおきなムラが出てきて、過去の落札データを分析した価格設定を行っても買い手がつかない事も多くあります。

このように、店頭販売しない買取車両でも輸入車は国産車とは違った配慮が必要で、普段から輸入車の中古車専門店と繋がりが深かったり、外車を得意とする業者用オークションに出入りしているなど販売ルートを確立している業者を選ぶ事が大切です。

まとめ

輸入車は業者ごとに査定価格の変動幅が大きくなる傾向があります。
車種の特性や業者側の都合などで得意・不得意は分かれてきます。

輸入車を売却したい時は手間があっても、国産車を売る場合よりも多くの業者を回って輸入車を得意としている業者を探す必要があります。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ