マセラティ ギブリの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

マセラティ ギブリの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

ghibli01

マセラティ ギブリの情報まとめ

車種名 マセラティ ギブリ
排気量 2,979cc
グレード/新車価格 ギブリS Q4   10,950,000円〜
ギブリS      10,160,000円〜
ギブリ      8,950,000円〜
駆動方式 FR/4WD
燃費 JCO8モード6.8km〜7.6km
乗車定員 4/5名
最高出力 243kW(330PS)
最大トルク 500Nm(51.0kgm)
値引き額 5万円〜30万円
中古車購入相場
中古車査定(買取)相場

マセラティ ギブリの特徴

マセラティ ギブリは2013年12月に発売されたマセラッティ初のミドルセダンです。マセラッティの販売台数全体を引き上げる事に貢献した世界的にヒットした人気車種です。ベースはマセラッティの中心車種でもあるクアトロポルテです。マセラッティといえば、数千万円する超高級車というブランド力が強いですが、ギブリはベースグレードの1,000万円を切る価格設定が魅力です。

ミドルセダンで、最も手軽に買えるマセラッティですが、ボディーサイズは5m弱の全長に、クアトロポルテと比べて0.5mmしか変わらない全長で迫力は十分です。同じ価格帯のベンツのSやレクサスのSと対等で戦えるスペックと高級感を持っています。エンジンはV6の3.0Lターボなみ。ギブリSでは設定を変えて410Psを発揮します。ベースグレードのみ4人乗りモデルを用意しています。

マセラティ ギブリのオススメポイント

最大のオススメポイントは1,000万円の予算で買えるマセラッティである事です。フロントグリルのエンブレムも大きく、値段以上の高級感を感じる事ができます。お手頃価格に抑えておきながら、安っぽく感じる妥協は一切していません。全車本革シートが標準装備で、インテリアも本革パーツを多用しています。

デザインも最先端のスタイリッシュなまとまりで、新型らしいスタイリッシュなデザインです。同じエンジンですが圧倒的なパワーアップを遂げているギブリSは100万円以上の価格差がありますが、パーキングセンサーやバックモニターなどの標準装備の違いを考えるとお得感は高いです。

こんな人にはオススメできない苦手なポイント

全車ナビや本革シートが標準ですがベースグレードのギブリでは電動チルト&テレスコピックハンドルや運転席メモリー機能など高級セダンでは当たり前でついてくる装備がありません。高級趣向の人は、ギブリS以上で検討しなければいけない点やグレードの選択肢がない点はマイナス要因です。

また、ミドルセダンの位置づけながら、全幅194.5cmあるので日本の道路では大きすぎるサイズです。道が狭い地域に住んでいる人や、街乗り専用。自ら運転する機会が多い人などにはオススメできません。

マセラティ ギブリの購入価格・値引きに関して

それぞれのグレードで標準装備は充実しています。あとはサンルーフを付けるか選ぶ程度です。購入価格の目安は車両本体価格からプラス70〜80万円弱が目安になります。値引きは発売当初は制限をしていましたが、1年半経過して緩んできました。目安は5万円〜10万円ですが、中には50万円まで値引きをしてもらったという報告談も入ってきています。

マセラティ ギブリの中古車価格や査定額

発売して間もなく中古車はほとんど流通していません。外車の中でもプレミア感が高いマセラッティブランドという事もあり、中古車相場はしばらくの間は高値水準を維持していく事が予想されます。兄貴分のクアトロポルテよりかは扱い安く維持費も安いので、中古車相場では、安くマセラッッティを乗りたいという需要が増加していく可能性もあります。

1千万円前後になった事で、法人のリース契約も多少も増えているようです。デビューから3年以上経過すれば、多少はリースアップの中古車が出回ってくる事も予想されます。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ