三菱 RVRの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

三菱 RVRの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

rvr01

三菱 RVRの情報まとめ

車種名 RVR
排気量 1,798cc
グレード/新車価格 G     2,353.320円〜
M     2,053,080円〜
駆動方式 FF/4WD
燃費 JCO8モード16.0km〜16.6km
乗車定員 5名
最高出力 102kW(139PS)
最大トルク 172Nm(17.5kgm)
値引き額 25万円〜30万円
中古車購入相場 狙い目年式 平成22年式 140万円〜170万円
中古車査定(買取)相場 3年落ち 100万円〜150万円
5年落ち 80万円〜140万円

三菱 RVRの特徴

三菱 RVRは2010年に新登場したコンパクトクロスオーバー。現在もっとも旬のカテゴリーですが、いち早く参戦した三菱は決めてに欠く要素も大きく販売台数は不振です。しかし日本以上に中国やその他発展途上国をはじめ高く評価されている車種で、中古車市場での人気度はコンパクトSUVカテゴリートップレベルです。

さらに欧州ではASX。北米ではアウトランダースポーツの名前で販売していて、グローバル戦略で成功した三菱のヒット車種です。エンジンはNAの1.8リッターのみでアイドリングストップを搭載しています。

RVR最大の特徴は4WDでもFF車より70kg増に抑えたコンパクトボディーと三菱が得意とする四輪駆動システムでFF車とほとんど変わらない燃費性能を達成しています。

グレードはGとMの2種類。最近人気のLEDポジションライトが付くのは上位グレードのGのみです。またGはオプションで本革シートの設定も可能です。

三菱 RVRのオススメポイント

全長4.3mを切るコンパクトなボディーや目線が高い運転席など、女性や初心者の方にも運転しやすい車です。オススメは4WDで燃費はクラストップレベル。1.8リッターのエンジンはライバル車に比べると若干非力です。

4WDが人気ですが、コンパクトSUVで街乗り重視の車です。雪国や坂道が多い地域の人などにオススメできます。

また、中古車として売却する時に高値がつきやすい車です。新車の代替えサイクルが5年以下の人は売る時の事も踏まえると選ぶ価値がある車種です。デビューから5年経過しましたが、三菱の中ではデザインがスタイリッシュで古い印象が出ていないのもポジティブポイントです。

三菱 RVRはこんな人にはオススメできない

1.8リッターのNAエンジンだけの設定でライバル車の比べてパワーは非力です。最近ではライバルでハイブリッドで燃費に優れるヴェゼルやコンパクトカー向けディーゼル搭載で人気のCX-3など優れたコンパクトSUVが多数登場しています。

こうした最新モデルの中に混じると性能面の長所はほとんどありません。

エンジンのパワー以外はバランスの良い車ですが、デビュー当初とは違い、コンパクトSUVが激戦区に変わった事で存在感はより小さくなってしまいました。

三菱 RVRの購入価格・値引きに関して

上級グレードのGが全体の8割を占めています。購入価格の目安はオプションもしっかり付けて。FF車で280万円弱。4WDで300万円弱です。

型が古く値引きは積極的です。最低ラインは30万円。付属品を合わせて目標は35万円に設定しましょう。都心部であれば40万円前後の値引きが出ている報告談も多いです。

三菱 RVRの中古車価格や査定額

ご紹介している通り、国内よりも海外で人気が高い車種です。また国内でも人気カテゴリーに成長した事やタマ数自体が少ないので相場は上昇傾向です。海外需要がすぐになくなる事は考えづらいですが、高性能のライバル車が続々と登場している事から、売却を考えている人は早めに検討してみる事もオススメです。

中古車購入を検討している人は割高感がある価格で流通しているので、現時点ではあまりオススメできません。もう少し待って5年超えの車種を狙うか、もっとタマ数が豊富な違う車種に切り替える事もオススメです。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ