日産 ノートの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

日産 ノートの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

note01

日産 ノートの情報まとめ

車種名 ノート
排気量 1,198ccNA/1,198ccエコスーパーチャージャー/1,597cc
グレード/新車価格 ニスモS 1.6L           2,244,240円〜
ニスモ             1,952,640円〜
メダリスト           1,826,280円〜
X DIGーS            1,640,520円〜
S DIGーS            1,548,720円〜
X               1,399,680円〜
駆動方式 FF/4WD
燃費 JCO8モード18.2km〜25.2km
乗車定員 5名
最高出力 1.2Lエコスーパーチャージャー 72kW(98PS)
最大トルク 1.2Lエコスーパーチャージャー 142Nm(14.5kgm)
値引き額 18万円〜23万円
中古車購入相場 狙い目年式 平成25年式 100万円〜120万円
中古車査定(買取)相場 3年落ち  60万円〜80万円
5年落ち  20万円〜50万円

日産 ノートの特徴

日産 ノートは、2012年にフルモデルチェンジをして現行の2代目になりました。排気量を従来の1.5Lから1.2Lにダウンサイジングして低燃費を実現。エントリーグレードのX以外にはエコスーパーチャージャーを装備してダウンサイジングしたエンジンのパワーを補います。

エコスーパーチャージャーとは、エンジンの燃焼室に過給器を使って強い爆発を起こす仕組みです。スーパーチャージャーは昔からある技術でパワーは出るが燃費が悪くなる欠点がありました。エコスーパーチャージャーは燃焼効率を効率化してアイドリングストップや低燃費エンジンと組み合わせる事でパワーを補いながら燃費の悪化を最小限に留める技術です。

パワーの増幅を抑えた燃費重視の仕様にも関わらず、1.5Lクラス同等のパワーを確保しています。

ライバル者はフィット、デミオ、ヴィッツなどが挙げられますがノートは先代からコンパクトカーよりも一回り大きい車体を売りにしてきたコンパクトカー。現行モデルもボディーサイズを維持してクラストップレベルの積載性を誇ります。大きさ、内装の質感ともにコンパクトカーの中でも上級モデルに位置していてポストファミリーカーの独自のポジションを作っています。その分NAエンジンのXでは非力感が強まっています。

2014年10月にマイナーチェンジを行いスポーツモデルで1.6LエンジンにMT専用のニスモを新設。総額250万円を超える高い金額設定ですが、ライバル車のスポーツモデルを超えるハイスペックです。

日産 ノートのオススメポイント

低燃費のコンパクトカーが欲しいけど、少しでもサイズが大きい車種を探している人にオススメです。先代は1.5L専用だった事もあり、本来の1.2〜1.3Lエンジンモデルよりかは一回り大きい車体が特徴です。

大人もゆったり乗れる後部座席にベビーカーも楽に積めるトランクスペースを確保。3〜4人家族のファミリーカーやちょっとした荷物を載せる機会が多い人にオススメです。ハイブリッドモデルよりも安い価格設定でエコスーパーチャージャーの最新エコ技術を投入しています。

ハイブリッドカーは高いけど、実用性が高いエコカーを買いたい人にオススメです。

こんな人にはオススメできない苦手なポイント

コンパクトカーと1.5Lクラスのワゴン車の中間の位置づけ。この半端な感じのバランスを好む人にはオススメできますが、ライバル車のコンパクトカーと比較すれば燃費と価格で劣ります。1.5Lのワゴン車と比較すれば居住性や積載性で劣ります。

ノートが第一希望の人にはオススメですが、ライバル車の比較対象として見られた時には、中途半端感が出てしまう事もあります。先代モデルは上級車種にティーダがあった影響もあり、ノートは中古車の不人気車として値落ちが大きかった過去があります。

今の所現行モデルの目立った値落ちは少ないですが、ノートの車種のブランド力が回復しきったとは言えず、今後も中古車相場が安定するか不透明です。代替えサイクルが3年〜5年程度の人は売却時の査定価格がネックになる可能性があります。

日産 ノートの購入価格・値引きに関して

価格が安いコンパクトカーと競合される事も多く値引きは積極的です。合格ラインは付属品も含めて25万円。上級グレードであれば30万円前後の条件が出る事もあります。

最上位のニスモだけは生産台数が少ない都合もあり値引きを渋られる事があります。売れ筋はエコスーパーチャージャーを搭載したXーDIGSでコミコミ200万円弱くらいで購入している人が多いです。

日産 ノートの中古車価格や査定額

先代モデルは、外観に個性がなくティーダの下という位置づけだったので中古車相場と査定価格の値落ちが大きかったです。現行モデルでは今の所大きな値崩れはありません。NAエンジンのXは中古市場では人気が薄く、値落ちが大きいです。

中古車市場では高年式低走行を狙っている人が多く、走行距離が5万kmを超えると一気に価格が下がる傾向があります。2015年上半期現在でも安定した新車の販売台数も確保できているので、当面は中古車相場も安定する事が予想されています。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ