日産 NV200バネットの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

日産 NV200バネットの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

nv200-01

日産 NV200バネットの情報まとめ

車種名 NV200バネット
排気量 1,597cc
グレード/新車価格 プレミアムGXー3R      2,331,720円〜
プレミアムGX-2R    2,223,720円〜
プレミアムGX-2R    2,223,720円〜
16X-2R               1,937,520円〜
駆動方式 FF
燃費 JCO8モード12.8km〜13.2km
乗車定員 5/7名
最高出力 80kW(109PS)
最大トルク 152Nm(15.2kgm)
値引き額 18万円〜25万円
中古車購入相場 狙い目年式 平成24年式 100万円〜150万円
中古車査定(買取)相場 3年落ち  60万円〜100万円
5年落ち  50万円〜90万円

日産 NV200バネットの特徴

日産はそれまでライトバンはマツダのOEM車のバネットしか用意をしていませんでしたが、2009年に自社生産で新開発したのがNV200バネットです。ワゴンとバンがあり、ワゴンは5ナンバーで2年の継続車検を取得できるのが特徴です。

5人乗りと7人乗りを設定していてエンジンは1.6Lのみ。国内ではセレナの影に潜んでいますが、アメリカではタクシーで採用されるなど、世界では安い価格と高い実用性で高い評価を得ている車種です。

人気が高いのは5人乗りの2Rです。1.6リッターのエンジンは型も古く3列フル乗車すると非力感が出てきます。また、セレナなどのミニバンとの差別化という面でもトールワゴンのミニバンで広い荷室の5人乗りが差別化が大きく高い価値を誇ります。

走行性能や快適性はバンベースなだけあって、他の乗用車専用のミニバンには劣ります。しかし実用性では商用車ベースならではの強みが満載です。無駄なく最大限に活かせる室内空間は荷物をたくさん積みたい人に最適です。

価格帯も安くグレードのラインナップは少なくてもパッケージングが絶妙です。三菱からはデリカD:3としてOEM供給をしています。またe-NV200として電気自動車の姉妹車も用意されています。

日産 NV200バネットのオススメポイント

最大の特徴は安い価格と、高い荷物の積載性です。セレナなどのトールミニバンのサイズが欲しいけど、3列シートは必要ないという人にオススメできます。

仕事車としての需要も高く、ハイエースやバネットほどの広さを必要としない人は燃費性能もよく、車検も長いワゴンを選ぶ人も多いです。長距離移動をするには、疲れてしまう車なので街乗りから中距離の移動中心の人にオススメできます。

唯一のライバルと言えるのがトヨタのライトエースですが、3列シートのワゴンを選べる点や、上手に作られている室内空間で総合力はNV200が一歩上です。このカテゴリーの車を検討する時は必ず候補に入れておく必要があります。

日産 NV200バネットはこんな人にはオススメできない

バンベースという事もあり、走りに関しては柔らかい足回りに唸るエンジン音など、セレナなどの一般的な乗用車ミニバンに劣ります。また1.6リッターのエンジンは型が古く、最新のミニバンに搭載している2リッターエンジンと比較すると燃費性能も大きく劣ります。

距離をたくさん走る人は、ランニングコストを考えれば多少高くてもセレナなどのミニバンを選ぶ事がオススメです。

また、好き嫌いが分かれる見栄えもネックになります。5ナンバーのワゴンでも外見はいかにも商用車という雰囲気が全面に出てしまいます。自動ブレーキなどの安全装置も当然設定がないので、子供も乗せるファミリーカーとして利用するのであれば、NV200を選択する事はオススメできません。

日産 NV200バネットの購入価格・値引きに関して

売れ筋は16X-2Rです。この車種の最大の魅力は価格が安いという点なので、最低限の装備で乗る人が多いです。購入価格の目安は220万円〜230万円ほどです。できれば内装も豪華になるプレミアムGX-2Rをオススメしたいですが30万円近く値段が変わるのがネックになります。

他社に競合がない車種ですので三菱と競合させるのも有効です。全般的には日産の方が値引きは積極的です。なるべく大型ディーラーを利用するようにしましょう。値引きの目標は20万円。付属品でナビなどを付ければ合計で30万円を超えたという報告もあります。

日産 NV200バネットの中古車価格や査定額

バンベースの特色が強く、乗り潰す覚悟で乗る人が多く新車の販売台数自体も少ないです。その結果中古車のタマ数が非常に少なくなっています。中古車相場も幅が大きく、仕事車としてバンのように荷室をフル活用した使い方だと相場は安くなり、家庭用として綺麗に使っている車は高値で取引される事が多いです。

売却を検討している人は、業者によって査定価格の差が大きくなるのでなるべく多くの業者に査定して比較をするようにしましょう。売却時期はモデルチェンジの予定がないので特に気にせず自分のペースで考えましょう。

中古車購入を検討している人はタマ数が少ないので、根気強く探していく事が必要です。商用車感覚で使っている人も多いので、中古車の状態も細かくチェックしておくようにしましょう。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ