日産 エクストレイルの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

日産 エクストレイルの情報まとめ【特徴や新車・中古車・買取相場など】

xtrail01

日産 エクストレイルの情報まとめ

車種名 エクストレイル
排気量 1,997cc
グレード/新車価格 20Xハイブリッド(4WD)             3,011,040円〜
2.0Xエマージェンシーブレーキパッケージ(4WD) 2,599,560円〜
2.0X(4WD)                   2,519,640円〜
2.0S(4WD)                  2,324,150円〜
20Xハイブリッド(FF)              2,804,760円〜
2.0Xエマージェンシーブレーキパッケージ(FF)  2,393,280円〜
2.0X(FF)                    2,313,360円〜
駆動方式 FF/4WD
燃費 JCO8モード16.0km〜20.6km
乗車定員 5名/7名
最高出力 108kW(147PS)
最大トルク 207Nm(21.1kgm)
値引き額 20万円〜30万円
中古車購入相場 狙い目年式 平成26年式 200万円〜240万円
中古車査定(買取)相場 3年落ち  170万円〜200万円
5年落ち  100万円〜150万円

日産 エクストレイルの特徴

日産 エクストレイルは、2013年12月にフルモデルチェンジを行い、要望が多かった3列シートの7人乗りを追加。クリーンディーゼルモデルは断念してラインナップが一新されました。
2015年5月にはハイブリッドモデルを追加。一時期は販売台数が落ち込んでいましたが、ここに来て盛り返してきてトップセラーも狙える地位まで復活しました。なおハイブリッドモデルは5人乗りのみの設定になっています。

ハイブリッドモデルはバッテリー搭載により荷室がかさ上げされているが、それでも480Lの要領を確保。アウトドアが趣味の人も満足できる水準です。
フルモデルチェンジをしてデザインが大きく変わり、先代のような迫力あるデザインから、スマートなデザインへ変更されています。内装も曲線を多様した構成のインパネで、先代のタフなイメージはなく印象が大きく変わりました。

ハイブリッドは新開発された1モーター2クラッチ式のパラレル方式を採用。モータだけの走行も可能な最近主流になっているフルハイブリッドを搭載しています。それでもSUVでありながら4WDでリッター20km超えは優秀です。
燃費がネックでSUVの購入に踏み切れなかった人にもオススメできます。全車に防水加工のシートが標準装備されていて、スマートに変わった印象ながら実用性ではSUVとしての本来の実用性を重視しています。

日産 エクストレイルのオススメポイント

日産のSUVの冠車です。ネームバリューも大きく所有する喜びがある1台です。街乗りでのストレスのないマイルドな足回りですが、雪道などのタフな環境での走破性能も長けています。平地に住んでいるけど、冬になったらスキーやスノボーでゲレンデによく行く人などにオススメです。

2.0リッタークラスの本格派のSUVでは数少ない7人乗りを用意。大人が7人乗ると若干窮屈ですが、子供が多いファミリー世代や年に数回たくさん人を乗せる機会がある人などにオススメです。

こんな人にはオススメできない苦手なポイント

元々は荷室部分を活用した3列シートはフロアが高く足元のスペースがしっかり確保されていません。常時3列シートをフル活用する人にはオススメできません。

デザインが大きく変わり、先代のエクストレイルが好きだった人からは評判が悪いです。流行を取り入れたデザインで好き嫌いが分かれるデザインです。ハイブリッド仕様は、エントリーモデルから50万円程高くなるので敷居が高いです。

日産 エクストレイルの購入価格・値引きに関して

ハイブリッドモデルは価格が高く、発売当初の受注はそれなりにあったものの、今後の継続性には不安があります。これまでは新型になってからガソリンモデルのみだった事もあり、データがあるのはガソリン車のみ。
2.0Xエマージェンシーパッケージが全体の約65%を占めて売れ筋グレード。お得感が高い装備が人気の理由です。

購入価格は300万円前後でまとめる人が多く、装備やスペック、4WDでも300万円前後でおさまる事を考えればコストパフォーマンスは高いです。

値引きは新発売されたハイブリッドは値引きを抑えていて、ガソリン車であれば、それなりに交渉の余地はあります。目標値引きは25万円から。上級グレードや付属品をたくさん付ければ35万円ほどの値引きを狙う事もできます。

日産 エクストレイルの中古車価格や査定額

現行モデルでは廃止になりましたが、クリーンディーゼルのモデルが人気が高いです。ただしクリーンディーゼル市場ではマツダの躍進が目立っていて、今後廃盤になったクリーンディーゼルモデルがプレミア価値が付いていく事は考えにくいです。

全般的にSUVは中古車市場でも人気が高く、中古車価格、査定額ともに安定しています。4WDの方が需要は大きいですが、最近では街乗りでSUVを好んで乗る人も多くFFでも一定の人気を確保しています。

フルモデルチェンジから1年半経過しましたが、最近では1年落ちの試乗車や高年式の中古車のタマ数が非常に多く、新車で値段が合わない人は高年式の中古車を狙ってみる事もオススメです。
古い型の外見を好むユーザーも多く、今の所型落ちモデルの大きな値落ちは見られません。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ