中古車一括査定時の個人情報はそこまで心配いらない

中古車一括査定時の個人情報はそこまで心配いらない

近年人気を高めている、ネットを利用して複数の買取業者に査定依頼をする一括査定サービス。少ない手間で、車を高値で売る時に有効な複数社査定ができるとあって利用を検討している人も多いと思います。

しかし一括査定の利用時に大きなネックとなるのが、個人情報の入力です。大手買取店に個別でネット査定を申し込むのと、一括査定サービスに申し込むのとでは、個人情報を入力する抵抗が違うという人も多いです。

一括査定サービスで入力した個人情報はどれだけ安全かを紹介していきます。

第三者に漏れる事はない

PC2M住所や電話番号・メールアドレスの入力が必要な一括査定サービスでは、全く関係ない業者や迷惑メールサイトなどに個人情報が売られる事はまずありません。

運営元が大手のサービスも多いですし、近年では一括査定サイトの情報もネットで簡単に口コミ情報などを確認できるようになりました。

ネットの検索上位に表示されたり、広告を出すなどして集客力を確保したサイトは、悪い評判を呼ぶリスクをおかしてまで個人情報を流出させるような事は一切していません。

ネットのサービスは信用第一ですので、各サービスともに個人情報の流出には徹底した管理を行っています

業者を選択できる一括査定サイトを選ぶ

0-64一括査定サイトの多くは、申し込みをする前に、査定を申し込む業者を任意に選択できるようになっています。

これは一括査定サービスから受け渡した個人情報が業者側で流出させてしまった時の責任を逃れる為に最終的には利用者の意思で業者側に個人情報を受け渡した事にする為です。

一括査定サービスに登録しているのは、しっかりしている業者だけですので充分信頼できると言えますが、不安がある方はその中でも知名度が高い大手チェーン店のみに絞るなどすると良いでしょう。

心配であれば一括査定は利用しないというのも手

a2M一括査定は、基本的には今すぐ車を売りたい人向けのサービスです。

申し込み時に入力した個人情報は第三者に漏れる事はありませんが、査定申し込みを行った業者側には正規ルートとして個人情報が伝えられます。

業界でも一括査定を利用するユーザーは売却意識が高いユーザーだと認識されているので、必要以上の営業を受ける可能性があります。

「今直ぐ売るというわけではないけど、一括査定では個人情報が心配」という場合は、一括査定を利用しないというのも選択肢の一つです。

連絡方法はメールか電話で選べる

一括査定を申し込みする際、業者からの連絡方法を電話かメールで選べるようなサイトが増えています。この場合、メールを選択し、時間に余裕が無い場合のみ電話にするのがお勧めです。

また申し込みをしたら、メールの対応も責任を持って行うようにしましょう。
軽い気持ちで申し込みをして、メールの返信をしないなど常識のない対応をすると、実際に車を売却したい時に、その業者からは要注意ユーザーと履歴が残り相手にされない可能性もあります。

また、申し込み時にはメール連絡を希望しても、返信を行わないと電話がかかってくる事もあります。

メルマガ配信される事も

一括査定サービスを運営しているサイトから申し込みを行うとメールマガジンが届くようになる事があります。サイトによっては受け取りの希望を任意設定になっている場合もありますが、なかにはメルマガ自動登録となってしまうサイトもあります。

メルマガを受け取りたくないのであれば、受け取りを選択できるサイトを利用するか、フリーメールアドレスを一時的に取得するなど捨てアドレスで申し込みを行うと良いでしょう。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ