純正オプションや社外品パーツの査定評価は?

純正オプションや社外品パーツの査定評価は?

純正オプションや、社外品パーツが付いている車の査定評価は、車種と装備品によって大きく変わってきます。
需要が多い万人受けするカスタムであれば高く評価されますし、個性が強すぎるとお金がかかっているカスタムでも評価落ちとなる事もあります。
0-42

オプションの評価は車種によって変わる

純正オプションや社外パーツが評価されやすい車種は、街中でカスタムされている車がよく走っているものです

例えば、人気ミニバンのセレナであれば、純正オプションが多数付いた上位グレードのハイウェイスターが売れ筋となっています。トヨタのVOXYやアルファード・ヴェルファイアなどでは、社外ホイールでドレスアップしている車が多くあります。

こういった車種では、人気の純正オプションや、社外品パーツが高く評価されやすい傾向があります

それに対して、よく売れているプリウスなどはノーマル車の比率が圧倒的に高く、カスタムパーツはあまり評価されない傾向があります。

それぞれの車種で、カスタムカーや上位グレードを乗りたいという需要がどれだけ多いのかによって、査定の評価は変わってきます。

純正部品を取っておく事の査定評価はごく僅か

社外品などでカスタムをした車は、「純正部品を取っておいて売却時に付ければ高価査定が期待できる」と言われています。

しかし実際には、純正部品がある事で評価される査定額はごく僅かになります
ただし車検に通らない違法カスタム車の場合は、純正品がないと大きなマイナス査定となる事もあります。

業者に売却時の純正部品の保管の有無は、プラス査定を期待できる要素よりも、マイナス査定を防ぐ効果として大きいのです。

カスタムパーツをバラして売る

より高くカスタムカーをお金に換金したい時は、純正品に戻して車を売却し、カスタムパーツは部品単体で売る事がおすすめです

最近ではヤフオクなどのネットオークションが人気があり、個人の出品者と落札者が多く賑わいを見せています。

純正オプションは統一感が大事

0-49
メーカーオプションやディーラーオプションなどの純正品は、車全体のバランスを崩さずに豪華装備を付けられるメリットがあります。査定でポイントとなってくるのは、車全体の統一感です。メーカー設定のカスタム仕様車であれば、バランスも考えられていて、需要も高くなります。

こういったコンプリートモデルなどは、中途半端に部品が取り外されていると、大幅に査定減点になる場合もあります

新車ディーラーで注文して届いた時と、同じ装備が付いている事で付加価値が出てきます。

また、単品でフロントだけバンパースカートを付ける、ディーラーオプション設定のアルミホイールなど、評価されにくい装備も多くあります。
売る時の事を考えるのであれば、純正の設定であるモデルを買うか、中途半端にオプション品を付けずにおとなしく乗っておく事がおすすめとなります。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ