査定前には、車検切れでも車検を通さなくていい。

査定前には、車検切れでも車検を通さなくていい。

車の査定時に車検が切れていた場合は、車検を取らずにそのまま売却する方がよいです

最近では無料での出張査定を行う業者も増えてきていますので、車検が切れている状態の車でも、複数の業者からの無料査定を受ける事が可能です

車検残がある車と比べれば、査定額は低くなりますが、売却する上で大きく不利になる事はほとんどありません。
0-33

実費費用ほど評価されない車検残

車検を通す費用は、車の重さやエコカーの分類によって諸経費が変わってきます。

業者に依頼する場合では不具合がなくても、数万円単位の手数料や基本料金が発生して、消耗品の交換費用、不具合があれば修理費用など高額なお金がかかってきます。

例えユーザー車検で最低限の諸経費だけで車検を通したとしても、査定の評価額は、実費額ほどのプラス査定は期待できないのが現状です

車検残があると販売店の在庫リスクが高まる

車検が残っている車は、店頭販売では諸経費が安くなるので人気条件となります。
しかし、在庫を抱える上では長期在庫になった時に車検残が少なくなり、市場価値が下がってしまう価値もあります。

車検が無い車を安く仕入れて一時抹消を行い、在庫にしていた方が業者側としてはリスク回避になります。

すぐに売れる見込みが高い人気車種であれば、車検残は高く評価されますが、長期在庫のリスクがある車種に関しては、数ヶ月の評価落ちを含めた金額で査定をされます

業者は車検切れの車の買取を苦にしない

個人であれば、車検を切らしてしまった車両を移動させるには、役所で仮ナンバーを取得する必要があります。車検切れの違反罰則は大きいものですので、車検切れの状態で公道を走らせるには対価に見合わないリスクも生じてきます。

それに対して業者は多くが、ディーラーナンバーと呼ばれる、役所からその都度借り入れを行う必要がない仮ナンバーを所得しています。更に中規模以上の業者であれば、積載トラックも完備している事が多いので、車検切れの車両でも、問題なく買取する事が可能となります

個人の感覚では、車検を取り直してから売る事で、業者側の都合が良くなり価格交渉しやすいと思う事もありますが、実際には業者側は車検切れの車の買取も苦にならない設備やノウハウを持っているのです

買取業者や販売店は無料代車を用意してくれる事も

車検切れの状態で車を買い換える場合は、新しい車が納車されるまでの期間、乗る足がなくなってしまう問題が発生します。車検を取り直せば、安心して売却する車を乗り続ける事もできますが、コストパフォーマンスは非常に悪くなります

この場合は、車を売却する業者に、新しい車が届くまでの期間代車を用意できないか相談してみるとよいでしょう。中古車を扱う業者では、こういったケースの為に代車を用意している事も多いですし、車検残がある在庫車両や買取車両を無償で貸してくれる事もあります

車検切れの車を売却する場合は、こういった査定価格以外のサービスも検討材料にするとよいでしょう。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ