査定前に自分でできる車内の掃除と臭い取り

査定前に自分でできる車内の掃除と臭い取り

車の査定前には、ある程度車内の掃除をしておいた方が好印象になります。
自分でできる車内の清掃と臭い取りの方法や、おすすめツール、注意点等をご紹介します。
0-10

車内清掃の方法

車内清掃の基本は掃除機

基本でもあり、最も効果的なのが掃除機です。足元やシートのゴミさえ掃除機を使用して取っておけば、査定時にルームクリーニング費用をマイナスされずに済むケースもあります。

おすすめは洗車場等に設置してある大型掃除機。
大体5分~7分で100円が相場となっております。

他にもホームセンター等で安く売っている、車用12V電源から取るコンパクトタイプのモノでも最低限の清掃は可能となります。

フロアマットを洗濯する

手間はかかりますが、費用もかからずお手軽にできます
フロアマットの汚れ方は査定に関わらず、車に乗る人の目に付く場所です。

一度しっかり洗濯しておくと室内の印象が良くなり、臭い対策にもつながります。

フロアマットは裏側がゴム製ですので手洗いをするのが一般的です。
水を水圧を強めでかけて(用意できれば高圧洗浄機等で)、大きな汚れを落とすと効率的です。

その後、家庭用洗剤とホイール用の大型ブラシ等を利用してゴシゴシ洗っていき、最後にすすぎ洗い・天日干しを行います。しっかり洗剤をつかって手洗いをして、乾燥も充分にすると臭い対策にも効果的になります。

コロコロを使用する

主にペット同乗車におすすめできます。コロコロとはテープの粘着力を利用して、汚れをくっつけて取っていくローラーの事です。

ペットの毛は頑固で掃除機ではなかなか取れません。コロコロでも簡単に取れるものではありませんが、なるべく強力な物で根気強くやっていくとよいでしょう。

ダッシュボードを綺麗にする

ダッシュボードやインパネ周りなどは長年利用すると色褪せていきます。ほとんどの車がダッシュボードは黒系の色になっていて、紫外線を吸収しやすくダメージを受けやすい部分になります。最低限通常の濡れ雑巾で拭くだけでもよいのですが、オススメツールがあります。

それは「アーマーオール」。主に部品量販店等の洗車グッズコーナーに大体在庫してあります。名前の通り元々は軍隊が銃の艶出し等の手入れで利用していた物で、黒軽の素材の光沢を強く蘇らせる事ができます。

一度買ってしまえば長持ちもしますし、さまざまな車に汎用性が高いので、強くおすすめした定番メンテナンスツールです。査定前に塗っておくと内装の印象が非常に良くなります。

注意点としては非常に滑りやすいので、ハンドルとシフトノブには絶対に使用しないでください。その他運転操作で触るモノへ使用は厳禁とです。

内張りは強引に汚れを落とそうとしない

車の査定で大きな影響を与える内装のポイントが天井やピラー内側等の内張りです。
喫煙者やファミリーカーなどで査定落ちとなる最も多いケースは、内張りにタバコのヤニや日常汚れでシミができたり黄ばんだりする事です。

内張りは非常に繊細なものですので、素人がブラシでこすったり、添加物入りの洗剤等を使用すると状況が悪化する事もありますし、簡単には落とせません。
内張りの汚れやシミについては諦めて、へんに手を出さない事が無難な選択と言えるでしょう

車内の臭いを取る

車の中の臭いは乗る人や査定業者に悪い印象を与えます。特にペット臭やタバコ臭は実際の使い方にかかわらず、喫煙者やペット同乗者と判断される基準にもなります。

ちょっとした手入れで臭いを改善する事もできるので試してみましょう。
0-31

定番ツールの消臭剤

車内の臭いを取るのに最もシンプルでおすすめできる方法が、スプレータイプ等の消臭剤です。定番ツールでは車用ファブリーズなどがあります。

消臭剤で臭い改善する時のポイントとしては、1日で全ての臭いを取ろうとせずに、査定を受ける3日~1週間前は毎日多めに消臭剤を車内全体にかけていくなど継続する事も大事になります。最初のうちはなるべく強い臭いが付いていないタイプを利用するのがオススメです。

エアコンフィルターを交換する

エアコンフィルターは車種によって変わりますが、グローブボックスを取り外してその奥に設置されている事が多いです。やり方さえ調べれば素人でも簡単に交換できますし、工具必要なしで作業できる事も多いです

車用のエアコンフィルターは洗浄でも多少の効果はありますが、安価で耐久性も弱いものですので、交換するのが一般的な手入れ方法となります。部品量販店やディーラー・整備工場などで購入できます。

エアコンフィルターに臭いが溜まっていると、いくら車内を消臭してもエアコンを使用する度に悪臭が広がってしまいます。1年以上交換していない人は、まずはエアコンフィルターの交換から行うとよいでしょう

芳香剤はおすすめしない

車内の嫌な臭いをごまかすのに芳香剤を使用する事が、手っ取り早い方法ですがオススメ度は低いです。芳香剤は人の好みもあり、査定士の人が苦手な臭いだと、悪い印象を与えます。

強い臭いの芳香剤であっても、鼻を研ぎ澄ますとタバコやペット臭の悪臭は意外と気づくものです。芳香剤の臭いがキツすぎる事で、「喫煙車やペット同乗車でないか」という物的証拠を探されてしまう事もあります。

車内の消臭の仕上げに、微香タイプの芳香剤を置く事はおすすめできますが、強すぎる臭いでごまかすのはリスクもあるので注意しましょう

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ