2015年 タイプ別おすすめハイブリッドカーを紹介

2015年 タイプ別おすすめハイブリッドカーを紹介

かつてはトヨタの独壇場だったハイブリッドカー試乗も、ホンダや三菱が独自開発で追いついてきた事や、トヨタがTHSーII(トヨタハイブリッドシステムII)をスバルやマツダに供給した事もあり、現在では多くのメーカーでハイブリッドカーが扱われ、ハイブリッド搭載車種も増えてきました。

近年急速に普及し、選択肢も多くなってきたハイブリッドカーをタイプ別でオススメ車種を紹介していきます。

オススメのハイブリッドカー・セダン編

●アクセラハイブリッド

マツダはガソリンエンジンの性能を求めたスカイアクティブ技術で勝負をしていて、その性能は世界的にも高く評価されています。そのスカイアクティブ搭載車のアクセラに、プリウスなどでお馴染みのトヨタのTHSーIIを搭載さえたのがアクセラハイブリッドです。

カタログ燃費はプリウスに比べて若干落ちていますが、ガソリンエンジンの性能が優れているアクセラは、本来はプリウスよりも高い燃費を達成できたが、大人の事情によりあえてスポーティーな設定をして、カタログ燃費を抑えたという業界の噂があるほどです。

実際にこのクラスのハイブリッドカーでは、トップレベルの走行性能を誇っていて、おとなしく乗れば実用燃費も高いと評判です。ハイブリッドカーを検討している人はマツダという選択肢を持っていない人も多いですが、トヨタのハイブリッドを搭載した安心感もありオススメです。

●プリウス

ハイブリッドブームの火付け役の1台。静寂性や燃費性能。価格帯など今現在も非常にバランスが取れている1台で、ハイブリッドカーのセダンを選ぶなら、最も無難な選択とも言えます。

アクセラを先に紹介した理由としては、同じTHSーIIを使用している事と、プリウスはそろそろモデル末期になってきている点。まもなく新ハイブリッドシステムのTHSーIIIを搭載した新型が出るという噂ですが、現時点では開発が遅れて2016年にズレこむ可能性が高いという話。

燃費や走行用バッテリーの耐久性を重視するのであれば、新型を根気強く待ってみるのもオススメです。

オススメのハイブリッドカー・コンパクト編

●アクア

2014年最もたくさん売れた乗用車です。燃費はクラストップレベルのJCO-8モードで37.0km。デザインも先進的でルックスで選ぶ人も多いです。内装や街乗りでの乗り心地もトヨタ車らしく、完成度が非常に高く、売れているだけの理由はあります。

中古車市場でも、現時点ではプリウスよりも人気が高い傾向もあり、長期的に見てもオススメできるハイブリッドカーです。

●フィットハイブリッド

2013年のフルモデルチェンジに伴い、従来の簡易ハイブリッドとも呼ばれる1モーター式から、フルハイブリッドシステムのホンダ新開発のハイブリッドシステムSPORT HYBRID i-DCDを搭載して燃費は飛躍的に上昇。JCO8モードでは36.4kmを誇ります。

これまでハイブリッドカーで独走していたトヨタに待ったをかけた1台で、ホンダがトヨタに追いついたとも評価できるフルハイブリッドの登場で大きな注目を集めました。

フィットハイブリッドは、ホンダ得意のセンタータンクレイアウトの恩恵で後部座席やトランクルームなどの室内の広さも強みで実用性が高い1台となっています。現在コンパクトカーのハイブリッドはアクアとフィットハイブリッドの2強となっています。

オススメのハイブリッドカー・ミニバン編

●VOXY/NOAH・エスクァイア

この3車種は姉妹車となっていて、エンジンや足回りは共通となっています。オススメできる理由としては、プリウスなどと共通してTHSーIIを搭載したフルハイブリッド車である事。

この車種の最大のライバルはセレナですが、セレナのSハイブリッドは簡易ハイブリッドとなっています。JCO8モードで見ても、セレナハイブリッドはJCO8モードで16kmなのに対して、こちらの3車種のハイブリッドグレードは23.8kmとなっています。

どうせハイブリッドを買うのであれば、今後も主流になっていく事が予想されるフルハイブリッドを搭載したトヨタ車がミニバンではオススメとなっています。

●アルファード/ヴェルファイア

2015年1月にフルモデルチェンジして、今が旬な車種でもあります。先代のハイブリッドシステムに引き続き、ハイブリッドグレード専用エンジンも用意されています。ミニバンでは要望の多い電気式4WD(E-FOUR)を搭載。このクラスのミニバンハイブリッドでは敵なしといった印象です。

スポーティーミニバンのエスティマハイブリッドもオススメではありますが、トヨタが力を入れている車種のアリファード・ヴェルファイアシリーズが新型という事もあり今買うならオススメです。

オススメのハイブリッドカー・SUV編

●アウトランダーPHEV

ハイブリッドカーとしての燃費性能はJCO8モードで18.6kmですが、EV専用車としても航続距離60.2kmあるのが特徴。ハイブリッドカーとして使えるので、電気自動車のように無理に自宅に充電環境を整える必要もありません。

長距離ドライブでは、ハイブリッドカーの実燃費が悪くなると言われている高速のSAなどで休憩中にEV充電する使い方も人気です。EV車として実績がある三菱の信頼性もあり、車両本体価格は約341万円〜と、プラグインハイブリッド機能でSUVという事を考えれば安い価格設定となっています。

●ヴェゼルハイブリッド

ヴェゼルはホンダから2013年に発売された新型車。同年にフルモデルチェンジしたフィットをベースにしたコンパクトSUVになります。コンパクトカーでも紹介したフィットハイブリッドに搭載のフルハイブリッドシステムを搭載し、燃費はJCO8モードで27kmを達成。

パワーを補う事を目的としたハイブリッドが多いSUV市場において、低燃費も兼ね備えた実用的なハイブリッドカーとなっていて、ランニングコストを重視したい人にオススメです。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ