最近流行りの軽トールワゴンの特徴やメリット

最近流行りの軽トールワゴンの特徴やメリット

軽自動車で今人気が高まっているのがトールワゴンと呼ばれるジャンルです。

かつてはこのカテゴリーはハイトワゴンとも呼ばれ、三菱の初代トッポなどが主流でしたが、ダイハツのタントがブームの火付け役となり、その後スズキがパネットで攻勢を仕掛け、日産にOEM供給した当時のルークスがヒットしました。

その後スズキはフリーシア、ホンダはN-BOX、日産・三菱はデイズルークスとekスペースといったように、各社ラインナップが揃った事で、トールワゴンは今軽自動車のスタンダートな選択肢として、定着しつつあります。

カタログだけでは伝わらない、室内空間の広さ

トールワゴンを検討している人は是非販売店などに行って、現物の車を見る事をオススメします。
トールワゴンの最大の魅力は広い室内空間ですが、低床設計にしている点や、限られたスペースを上手に有効活用している事で、カタログやネットの写真で見たり、車を外観から見る以上に、実際に室内に乗車してみると、中が広く感じられます。

特に高い室内高は開放感が非常に高く、後部座席の空間は1.3Lクラスの乗用車よりも広いと評判です。
ディーラーのショールームに行って、他の軽自動車や、乗用車のミニバンを検討していた人が軽のトールワゴンに変更して購入する人も多く、一見の価値があるカテゴリーです。

進化した走行性能

元々、軽自動車は走りが悪いデメリットがありました。今現在も乗用車に比べれば劣る部分も多いですが、ここ最近で、フレーム剛性や足回り・エンジン性能とミッション性能などは大幅に進化したと言えます。

かつては、背が高いハイトワゴンは走りが極端に落ちる。ターボでないと高速や上り坂は走らない。ロールが大きすぎて乗り心地が悪い。など評判は良くなかったですが、最近のハイトワゴンは低床にした事で、室内高を確保しつつ、車高はそこまで高くならず、低重心で安定した走りを実現しています。

これまで、フルサイズの軽自動車で定番だった、商用車ベースの軽バンとは違い、シャシーを乗用車ベースの物を使用している事で、乗り心地を重視するユーザーの取り込みに成功した事が現在の人気要因の一つです。

軽バンと比べて優れている点が多い

スズキのエブリィワゴンやダイハツのハイゼットワゴンなど、商用車ベースのワゴン乗用車も高い人気となっています。
しかし、ファミリー層を中心にこれまで、軽バンベースのワゴンを買っていたユーザーが、トールワゴンへ流れている傾向があります。
その最大の要因や、軽バンベースとの違いは、乗用車ベースとなった事による低床化とエンジンの性能アップです。

軽バンとトールワゴンの大きな違いはエンジンの位置にあります。軽バンなどは、トラックと同様に運転席・助手席のシート下にエンジンを搭載しています。その為、室内高はどうしても高くなってしまい、乗用車のエンジンと形が違う為、最近流行りの低燃費エンジンを搭載する事ができません。

2015年には、スズキのエブリィワゴンが約10年ぶりにフルモデルチェンジされましたが、ターボエンジンのワゴン車は先代のJCO8モードの15kmという燃費から、改善できたのは車体の軽量化の恩恵による部分のみで16.2kmという数字に留まっています。

それに対してトールワゴンはボンネットエンジンの乗用車になるので、各社新開発の低燃費システムを簡単に搭載する事が可能。現在は主要メーカーのトールワゴンの全てが、カタログ燃費の最高値が25km以上となっています。

この他にも内装の作りや、荷物の積載性8トランクスペースの高さ)、走りなども良く出来ていて、女性などにも扱いやすくなっている事で、トールワゴンの人気が高まっています。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ