新車を買う時のオプションの種類と値引き額への影響について

新車を買う時のオプションの種類と値引き額への影響について

新車の値引きはオプションによって変わってきます。
オプションが多ければ多いほど、値引きの要素は増えていきます。

しかし、オプションを付ける事によって期待できる値引きはそれほど多くないのも現状です。
まずはオプションの種類と販売店によって異なる、値引きの計上の仕方について確認しておきましょう。

オプションの種類と値引きへの影響

メーカーオプション

新車を生産するラインの中で取り付けるオプションです。
オプション情報は車のカタログに紹介されています。
定番のメーカーオプションの例としては次のようなものがあります。

  • ガラスサンルーフ
  • メーカーオプションナビ
  • サイドエアバック
  • ディスチャージヘッドライト
  • アルミホイール(大口径アルミへのアップグレード)

メーカーオプションは車両本体価格に上乗せされます。
メーカーオプションをたくさん付ければ、車両本体価格が高くなり値引きできる枠が若干ですが増える傾向があります。
値引き表示は必ず見積書の車両本体価格の下の値引きにて一括して表示されます。

ディーラーオプション

メーカーの新車生産工場に隣接している架装センターか、ディーラーの工場で付ける事ができるオプションです。
オプション情報とは、車のカトログとは別にオプションカタログが用意されている事が多いです。
定番のディーラーオプションの例としては次のようなものがあります。

  • フロアマット
  • ドアバイザー
  • ETC
  • ボディーコーティング
  • ディーラーオプションナビ

ディラーオプションは、車両本体価格とは別で、付属品欄として別に計算されます。
ディーラーオプションはたくさん付けると値引きを増やしてくれる販売店と、あまり考慮されない販売店で分かれているのが現状です。
値引き表示は車両本体価格の下の値引き情報で一括して表示するケースと、付属品の欄に個別ディーラーオプションの値引きを表示するケースがあります。

オプションプレゼントキャンペーンを狙う

車種によっては、時期によってオプションプレゼントやナビプレゼント・ナビ半額などといったキャンペーンをしているケースがあります。こういったキャンペーンを行っている車種は、オプションを付ける事による値引きが有利になります。

オプションを安く付ける裏技

新車を買う時にオプションを最安値で付ける方法があります。
それは、新車の注文書にオプションを計上するのではなく、別口で新車営業マンの名義で社員割引を利用して取り付けてもらう方法です。

ある程度、営業マンと仲良くならないとできない手法ですが、営業マンの社員割引を利用すると2割〜3割引きの値段でオプションを付ける事が可能になります。

ローン購入する場合は、別口のオプションは必ず現金払いにしなければいけない点や、新車の注文書計上であれば3年保証付く所が1年保証になってしまうなどのデメリットもありますが、より安く新車を買う為の有効な手法になります。

「こういう方法で車を買った人がいるのですが・・・」となるべく柔らかく切り出して相談してみるとよいでしょう。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ