車を買い換えるとき、まずは下取りなしで値引き交渉する

車を買い換えるとき、まずは下取りなしで値引き交渉する

車の代替えを行う時は、まずは下取りなしで見積もりを出してもらう事をおすすめします
買取店への売却を併せて検討する場合は、最初から「下取りあり」を前提に話を進めてしまうと不利になる場合もあるのです。

下取り有りで交渉を進めると不利になる事も

新車の値引き交渉は下取り車の有無によって変わってきます。
一番効率が良いのは、下取り有りの限界値引きを要求して、同じ条件でより高い査定を付けてくれる買取業者へ売却すればいいのですが、そううまくは行きません。

下取り車がなくなると、値引き枠が減る業者側の事情もあります。
限界値引きを要求したあげくに下取り車を他に売却するのであれば、売れなくてもいい」と業者側に思われてしまうリスクが発生するのです。

guwa-M

販売店は下取り付帯率を重視する

販売店の営業マンは、下取り車の横流しといって、仲の良い買取業者を仲介する事もあります。

これは低い下取り査定よりも高い業者を紹介する事でお客の利益になるだけではなく、営業マンが仲介マージンを抜いてお小遣い稼ぎをしている事も多いのが車業界の現状です。

販売店側は下取り車を取りこぼす事は利益が減る問題だけでなく、営業マンの不正を見極める為にも下取り付帯率を重視しています。

その結果、下取り有りの予定で商談を進めて値引き条件を提示した後に、下取りには出さずに他で売る話が出た時には、「下取りが無い中で、利益を削って売っても意味がない」と、販売店と営業マンの値引き意欲を削ぎ落としてしまうのです。

まずは一度は査定をしてもらう

買取店への売却を検討している場合でも、下取り査定だけはしてもらうようにしましょう
その際には「買取店へ売却を検討している」と素直に言ったり、「知人で買うかもしれない人がいる」と適当に誤魔化してかまいません。

あくまでも査定は参考程度にやってもらうという認識を、販売店側と双方で認識しておく事が大切です。

最初に査定をしてもらう事で参考になる金額がひとつ増えます。
さらに、最終的に下取りを含めて検討したい場合、最初に現車査定をしておけば、口頭での金額交渉だけで下取り査定価格を決められるようになります。
その後の値引き交渉は下取りなしを前提に行っていきます。

煮詰まりそうになったタイミングで、買取業者の査定額を伝えて下取りも含めた交渉をしていくと効率が良いでしょう。

下取り有りの見積もりと、無しの見積もりの比較がしやすい

見積もりを出してもらう順番として、下取りの有無は重要になります。
下取り無し値引きの信ぴょう性を高く求めるなら、下取り無しの見積もりで、まずは値引き交渉を進めていくと良いでしょう。

勉強はできないか?と持ちかけてみるのがおすすめです。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ