車を売る時の自動車リサイクル料金は戻ってくる

車を売る時の自動車リサイクル料金は戻ってくる

2005年1月1日より自動車リサイクル法が完全施工されて、車を所有する為には廃車時に必要な費用の先払いが義務付けられました。これが「自動車リサイクル料金」です。

この背景には廃車は再利用できるパーツや鉄としての再利用価値があるものの、シュレッダーダストやフロン類の処分に費用がかかり、廃車を不法投棄する人や不正処理する業者が後を断たなかった為です

先払いされたリサイクル預託金は、解体業者が正しく処理し申請をする事で換金する事ができる仕組みで、中古車として再販される場合は次のオーナーへと引き継ぎされます。

0-98

リサイクル預託金は、解体処理と海外輸出時以外は返金されない

自動車税や重量税については、一時抹消を行えば返金される仕組みになっていますが、リサイクル預託金については、国内に車が存在する限り返金されない仕組みになっています

リサイクル券は、車の車名と車体番号とリサイクル番号、そして装備に応じた預託金の表示のみになっていて、車の所有者が変わってもそのまま使用できるようになっています。

業者間売買でもリサイクル預託金相当額は買い手が負担するのが一般的

陸運局等の役所を通じての返金・再預託の処理はできないリサイクル券ですが、中古車を売買する時には買い手が預託金相当額を負担するのが一般的なルールとなっています。

業者用オークションや業販でも、リサイクル預託金相当額は買い手が売り手に支払う流れとなっています。
買取業者への売却や下取りをする場合も本来のルールでは、商品車として査定価格が付く場合はリサイクル預託金が返金されるようになっています。

買取専門店ではリサイクル預託金を含める戻り税を含めた査定をする事も

最近の買取専門店の査定では、リサイクル預託金相当額の戻りや、自動車税の戻り税などを査定額に含めて提示している業者が多くなっています

こうした業者は査定価格の表面的な見栄えをよくする為に、説明も無しにリサイクル預託金相当額を査定価格に含めていますので、客側から確認をしないと、一切説明を受けられない事も多いです。必ず査定時に「リサイクル預託金と重量税の戻り税を別で受け取れるのか」を確認して検討するようにしましょう。

リサイクル預託金相当額の確認方法

リサイクル券を確認すれば、預託金相当額の確認をする事ができます。車検証や自賠責保険・納税証明書と違い、購入から廃車にするまで、ずっと車検証入れに入れっぱなしになっている事が多く、紛失しにくい書類となっています。

万が一無くしてしまった場合でも、インターネットで自動車リサイクルシステムのホームページ (http://www.jars.gr.jp/)から自動車ユーザー向けのサービスを利用すれば、預託状況と相当額の確認をする事ができます。

紛失しても預託済みが確認できれば、再発行をする事もできますしリサイクル券がなくても車を売却して預託相当額を受け取る事は可能です。

リサイクル券を紛失した状態で車の査定を受ける際は、預託状況をネット上で確認して、プリントアウトしておくと話がスムーズに進む事もあります。

車を売るときは無料一括査定で10万高く

私が複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスを利用したところ、ディーラーに17万円と査定された愛車が27万円で買い取ってもらうことに成功しました

私が利用したのは「車査定比較.com」という一括査定サービスです。最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかりました。 申し込みは3分で完了です。
  • 最大10社へ無料で一括査定依頼
  • 一番高く車を買い取ってくれる業者がわかる
  • 手続き代行だから簡単に売れる
>>私が利用した「車査定比較.com」の一括査定はこちら

●複数社で買取比較⇒一括査定の「車査定比較.com」


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ